もうすぐ明けます。



みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
今年もあっという間に、一日の沈む陽と同じように、暮れようとしています。


今年は、みなさまにとって、どんな年だったでしょうか。
わたしは、
今年は、とてもよい年になったなぁ。。と今、感じています。

迷い、苦しんだり うなだれたりする時間も多かったけれど
こうなのではないか。。?、ああなのではないか。。?
そう、考えることをやめず、少しずつ、次の行動を新しく変えることができたこと。
いやもっとできたはず、もっと踏ん張れたはず、
そう思うことはキリがないけれど
それでも
ここにある自分は、去年の今の自分とは、「ちと違う」

けして大きくはないけれど、確かにして
「ちと違う」
そう、自分自身に言えることは、とてもしあわせなことなのではないか、なんて思ったりしています。


そして、何よりも
なによりも、健康にこの一年も、まわりのみんなも、過ごさせていただいたこと。
「あっという間」と言える、変わらぬ日常を過ごさせていただいたこと。

感謝をたくさん空へ返して、この一年も閉じようと思います。


ここへ遊びに来てくださったみなさま、
また音楽に耳を傾けてくださったみなさま、
本当に、ありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。^^



あ、写真は、「ドリーム網~空まで届け、朝顔たちよ!~」実現した日の、8月終わりのある朝です。
「季節はずれで賞」ノミネート中です♪(笑)



20161231111713215.jpg



みなさまにとって、
新しく差し昇る一年の光が
やさしく、あたたかなものでありますよう。。


2016年12月31日

33.999999....歳の、
まりこうた


スポンサーサイト

「ちぎれん雲」 名古屋上映会を終えて



12月10日、名古屋にて。
春より音楽の制作にあたらせていただいていた「ちぎれん雲」の上映会がありました。


この日は2回上映。
ありがたいことに、1回目はお客さんがいっぱいになって、わたしたち関係者の座れる席はもうなくなってしまったので
カーテン越しの外からそっと、映画の音とお客さんの息とに耳を澄ませていました。

映画も終わりに近づく頃、カーテン向こうのすぐそばから、鼻をすすり泣く声が聞こえてきて
うれしくて思わず、となりにいらっしゃった主題歌の岸本丈夫さんに
「。。泣いてる、お客さん、ないてますっ!!」と、はちきれそうなヒソヒソ声で伝えると
「。。自分もやん!」と言われ、気付けばわたしもタンクいっぱい。(笑)


2回目の上映は、一番前で観させてもらいました。
心を落ち着けて、はじめて、観客席から、この映画をみさせていただいたとき
あらためて、
この映画の一部になれたこと、音としてこの映画の鼓動のひとつに波うてたことを
こころから、しあわせだと感じました。


この映画の美しさであり、ぬくもりであり。。
そういうものが、作っている時間を隔てた長いトンネルの向こうから、どんどん届いては降り重なっていって
ただ一人のここにいる観客として、涙がこぼれていました。




お客さんを見送ったあとは、ほんのひとときの打ち上げ会。
主演の吉田勝二さんと、奥本はじめ監督。


15326432_10211886761468185_2519297074378978690_n.jpg



ふたりのツーショットは、眺めているだけで、
やさしい雲に覆い包まれ、満たされてゆくような思いでした。

だって、「あぁ。。。まさに、この空気だよな、この雲だよな。。。」って
今まで音という手を伸ばし伸ばし画面の向こうにしかなかった、それはまさに「ちぎれん雲」という、ただひとつの雲のなか、なのでした。
ただひとつの、やわらかさと熱をもった雲。


吉田さんは、ほんとうは俳優ではなく、
彼もまた、ひとりの映画監督なのでした。
とうぜん演技など、それまで一度もされたことはなかったそうです。
それでも奥本監督は、たくさんの応募とオーディションに集められた俳優さんたちのなかのだれにも、見出すことのなかった「知一郎」を
吉田さんのなかにこそ見出し、オファーをされたという経緯があったのです。
そこにあった奥本さんの覚悟というのはまた、相当なものであり
それに応えた吉田さんの覚悟というのもまた、相当なものだったそうです。


そして目の前の吉田さんは、まさに、知一郎そのものでした。
だから余計に、そこに一緒に居られることが、ただただうれしく、また不思議な気持ちでいっぱいで。。


家族が、家族になってゆく
その時間軸とともに
知一郎が、知一郎になってゆく
そんな空の移り変わりも、ぜひこの映画のなかで味わっていただきたい色です。



そして。
この、奈良のお地蔵さんみたいな奥本さんの笑顔が好きです。
この映画と結ばせてくださったこと、そしていつも新しい出会いをくださったこと、
心より、感謝しています。



いろいろと書いてしまいました。
でもなによりも伝えたいことは
まだこの映画に出会っていない人に、一人でもたくさん、出会っていただきたいということです。

新しい年が明けたら、1月は東京と大阪です。
心より、お願いもうしあげます。


東京 2017年1月20日(金)
   シネマボカン(BARガリガリ)にて
   (東京都世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F)
   開場:19:00


大阪 2017年1月29日(日)
   高麗橋BLACK BOXにて
   (大阪市中央区高麗橋3-1-8カルボ高麗橋ビル1F)
   開場:10:30 13:30 (2回上映)


 「ちぎれん雲」上映会 予約フォーム






 15327454_1852810585003891_2580628786365259041_n (1)





にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


こぶたのポインセチア




20161219100717801.jpg



こぶたのポインセチア。


小学生のころ、やっぱり本が苦手だったけど、この本は大好きで、何度も、何度も、借りて読んで抱っこしていました。

ポインセチア、っていう名前からか、クリスマスになると、ときどきこの本のことを思い出したり出さなかったりしていたけど
最近、どうしても、この手にもう一度ほしくなって
本屋さんを探しました。
小さな本屋さんにも、大きな本屋さんにもなくて、
もう増版されていなかったので、アマゾンで、少し高かったけど、中古で買いました。


今日、届きました。
包みを目にしたら、違う本かと思って、びっくりしました。
だって、あんまりに小さいんですもん!
あわてて手にして、袋をあけて、
表紙をみたら。。。。
「うん、これだ。」
じわっときて、そうわかりました。
わたしの手がどんなに小さかったか、わたしがどんなに大きくなったのか、
途方もないような気持ちになりました。

わたしはわたしを一度も離れたことはないはずなのに、
成長、っていうのは、まるで全然ちがう景色のなかの道路をひとり走っていっているみたいなものなんだなぁと
ポカンと、どことなく寂しい音がしました。

そうっと開けて、
そうっと開けて、読んでみました。

変わったのは、手や体の大きさだけじゃなかった。
瞳の大きさ、ピントの合わせ方だったり、
レンズそのものが、こんなにもちがっているんだなぁ。。。と、
めくるたびに貫き感じました。
おんなじものだ、と分かるのだけど、
まるで違うものに映るんです。
挿し絵の色合いや、動き、空気。
たぶん、そこに聞こえていた音も。


取り戻せないのかなぁ。。。と思ったりしながら、読んでいると
このポインセチアっていう子ぶたは、
なんだかわたしに似ているなぁと思いました。
それも、かなり。
怒ったときのすねかたや、さみしいときの背中の丸めかた。
夢中になったときの、鼻のひくひく上向き加減。(笑)

そんなのに笑ったり、不思議な気持ちになったりしながら読んでいったら
物語の途中、涙がぽろぽろこぼれてきました。
あれ。。。こんな大号泣するような話だったかな。。。


覚えていたのは、もちろん絵本全体のあたたかな空気があるけれど
とくに強く残っていたのは
ある1ページの、挿し絵のなかの
ひとつの景色。
小さな出窓に、すっぽりとおさまる小さな赤いソファ、そこに小さくいっぱいに、光がこもれているなかに
ポインセチアが、ぽとりと本を読んでいるところ。
一人分の、充満した、黄色い光をめいっぱい、一人占めしてうれしそうなポインセチア。


その光を嗅いでいると、どんどん、そのときと同じ空気が、色が、音が
絵本のなかにひろがってゆくようでした。

きっとまったくおんなじに、取り戻すことは出来ないけれど、
きっとわたしの知らないところで、ちがう景色のなかに貫かれた一本の道路みたいに
なにかが繋がりつづけて、いま、
ここにあるんだなぁと分かって
寂しいよりも、うんと、
心強いような、あたたかな気持ちになりました。
ポインセチアはわたしになって、ずっと一緒に生きてきたんだなぁ。。って。







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


花は空




「ちぎれん雲」の脚本を初めて読ませていただいたとき、
わたしのなかにひろがり滲んだのは、主人公知一郎の娘、ぷに子の、生まれたてのような心のやわらかさでした。
そのやわらかさゆえに、小さな花の、いちまいの花びらのように傷がつきやすくて、
そのやわらかさゆえに、どこまでも飛んで、だれにも見えない空のうらから、小さな花の一つ一つをやさしく見つめているような。

そのときひとは、なぜ痛むんだろう。
そのとき自分は、なぜ痛んだんだろう。

そんなことに、ひとりひとりが手を伸ばしながら、
ほんとうはずっとそこにあった「ちぎれない雲」に、いつしか包まれてゆく
そんな、ひとつの家族の物語です。



先週、奈良での上映会が終わり、観られた方が涙ぐんでおられたり、たくさんのぬくもりを持ち帰られたというお話を聞いて、とてもうれしくなりました。
12月10日(土)、来週末は名古屋上陸です!
16:30~のお席はまだ空いております。
聞かなきゃ損すぎる岸本丈夫さんによる生歌(主題歌「ちぎれん雲」)も、待っています。

そして、東京・大阪も、引きつづき
みなさまのお越しをお待ちしております。^^


*プレミア上映・名古屋*
シアターカフェ
日時:2016年12月10日(土) 
開場:14:00  16:30 (2回上映)
住所:名古屋市中区大須2丁目32-24マエノビル2F
(地下鉄鶴舞線 大須観音駅より徒歩4分)
MAP→ https://goo.gl/maps/jyNWEMPaPpC2
本会場は別途1ドリンクのご注文が必須となります(500円)


*プレミア上映・東京*
シネマボカン (BARガリガリ)
日時:2017年1月20日(金)
開場:19:00
住所:東京都世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F
(京王井の頭線 池ノ上駅下車すぐ)
MAP→ https://goo.gl/maps/oL72mkSaSeE2


*プレミア上映・大阪*
高麗橋BLACK BOX
日時:2017年1月29日(日)
開場:10:30  13:30 (2回上映)
住所:大阪市中央区高麗橋3-1-8カルボ高麗橋ビル1F
(地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅より徒歩5分)
MAP→ https://goo.gl/maps/aaVBgMM16dE2



 「ちぎれん雲」上映会 予約フォーム 
http://www.hajime-ch.com/chigirengumo/





13938429_980706328694219_2591716332980268034_n.jpg



* profile *

まりこうた

Author:まりこうた

曲を作っています。
おもに曲を作って生きてます。

シンガーソングライターです。

それから、詩を書いて
写真をとります。


命あるかぎり、表現することをしたいです。



なつかしいにおいのする音が
好きです。


* 
 *  *
どきどきしながら生きている人、
たくさんお話してみたいな
       * *

* たんぽぽにゃ *


おんなのこにゃ。
しっぽはないのにゃけど、これはひみつにゃ。
* category *
* 最新記事 *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
* mail me *
メッセージはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

* music *
オリジナル曲です。      ふらっと聴いてみてください♪
* Links *
* blog ranking *
ランキングに参加しています。 応援してくださいっ♪

FC2Blog Ranking

* ブロとも申請フォーム *

この人とブロともになる

* 検索フォーム *
現在の閲覧者数: