砂漠に咲いた花 covered by まりこうた + _slow



8月です。
あついですが、とても元気です。


きのうは、もんのすごい夕立。と、
雷。
たたきつけるみたいな雨がなかなか止まなくて、
傘もってきていない塾の帰り道、川にぜんぶ漬かったみたいにずぶ濡れになりながら街を走るのを、こんなのなんてひさしぶりだろう、たのしいなぁと思いながら
ふと庭の花たちのことを思いました。
つぼみもちぎれんばかりの激しく強い雨に打たれたはずなのに
今朝はもう、
いつもと変わらず朝顔もみんな、太陽のもと、きらきらと咲いていて

ただ今を生きる力、そして
命をつなごうとするその力は、
揺るぐことがなく、ただただ、つよいものだなぁと感じていました。



そうしてそして、

「砂漠に咲いた花」

キセルというアーティストの曲を、
カヴァーさせていただきました。


一緒にギターを演奏してくださっているのは
_slowさん。
以前、ロールケーキのお店でライヴを一緒にさせていただいていたてんちょうさんです。


わたしのほうから、この曲をいっしょにやりたいです。と、お願いしておいたのに
てんちょうは、とてもとても、すてきなギターを弾いてわたしに渡してくださったのに、
わたしは、なかなか歌うことができませんでした。
何度も、歌ってみても、歌えず、とても時間がかかりました。
でもやっと歌えました。
ピアノもそのあと、弾くことができました。


砂漠に咲いた花。

こころに 絶えることを知らない泉のような曲です。


ぜひ、聴いていただけたらとおもいます。


ありがとうございます。








ギター _slow
ピアノ・うた・え まりこうた


砂漠に咲いた花
作詞:YUKI、作曲:辻村 豪文

砂漠に咲いた花 ためらいをうるおすなら
流れに身を委ね 航海も悪くはない

さあ出かけよう
右目の奥 未知なる空 広く流るる

まだ見ぬきみよ すべての日々に愛されるように
わたしのなかの小さな太陽 愛されるように
願ってるよ

悲しい出来事に なすすべもないまま泣き
うれしい出来事に ほほえんでかみしめてく

さあ出かけよう
右手のひら しあわせを恐れない
つよく

失くした歌も遠い思い出も愛されるように
わたしのなかの小さな太陽 許されるように
ねがってるよ

まだ見ぬきみよ すべての日々に愛されるように
わたしのなかの小さな太陽 愛されるように
失くした歌も遠い思い出も愛されるように
願ってるよ

ねがってるよ



にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

サーカスナイト (れんしゅうちょう)



こんにちわ。^^

「さぶいなぁ~。。。!」とぶるぶるしながら、
やっとこさ冬が来た。そんな気がして、なんだかうれしくいたりもします。
その季節がその季節らしくあること、
これはとてもしあわせなことだと思います。
だってぐるりと、
めぐりまわってきたのですもんね。


うたの練習が足りない。とハッとして(笑)
さいきんは、歌ったのを録音して聴きながら練習する、とかいうのをするようになりました。
モニタリング、これってとっても大事ですよね。
課題が、雪山のように積もって目に見えてよいです。(泣)

「サーカスナイト」という曲、
七尾旅人さんという方の曲で、とても好きな曲なのですけど、
(わたしがいちばんすきなのは、青葉市子さんという方のバージョンなのですけど)
それを歌ってたのが、聴きなおしてたら好きになっちゃったのでupします。♪
おぼえうたいなので、歌詞まちがえてるかもです。。。と、おそるおそる歌詞を見てみたら、
出だしがちがいました。(T-T)

「昨日」ではなく、今夜のキスです。
どえらいちがいです。
(限定公開なので、許してください、七尾さん。。)









にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


This One (Crying Like A Child)



このうららかな初春の一日に、じっとりねっとりとした曲を放ちます。(笑)

人様のですが。♪


はい。
えっと、曲は聴いているだけでもアレンジの勉強にはなるのですが、
やっぱり、実際、おんなじように、やってみる。
これはきっとよいにちがいない。ということで、
アレンジのお勉強の一環として、3年くらい前かな?に、
宇多田ヒカル(以下ひっきー)がUtadaとして放った「This One」というアルバムのなかの1曲、「This One (Crying Like A Child)」を、
よくよく耳で聴きながら、できるだけ同じように再現してみよう、と試みてみました。
なのでこれは、カヴァーじゃなくコピーです。♪
めっちゃアナログ手法でがんばってました。(笑)


そう、で、そのオケを放置していたのをふと思い出し、
最近歌を入れてみました。
歌もできるだけコピーを。。と思っていたはずなのですが、
歌い始めたらどこへやら。。



ひっきーは、
高校のころからだいすきでよくよく聴いて一緒に歌っていたのですが、
同い歳で、
誕生日も2週間くらいしかちがわなくて、
(ひっきー生誕は1983年1月19日。♪わたしはその年の元旦。♪)
なんだか勝手な親近感。。
自分も曲を作り歌うようになってからはとくに。
でも気になるんだけど気になるから遠くから、あんまり見ないようにして、
ってなぜかそんな恋に似たへんな切なさを隠しながら。。、(笑)
なんかそんな存在であり続けていました。


同じ時代に 生きていること、それだけでもう、世界が瞬くような
ほんとうは、そんな存在のひとりです。
ここ最近はすっかり聴かなくなっていたのですが、
それでもやはり、それは変わらないなぁ。。と、思い出したりして。



とても楽しく作らせてもらいました。


ぜひぜひ、聴いてください。♪♪



)




This One (Crying Like A Child)
作詞・作曲 宇多田ヒカル /Utada

How can I put this I... I... I...
I'm an independent woman
I...I've been crying like a child
I just wanted you to know the person that I am
More than any other of your fans
I will love you for a thousand years
Yours truly

I ain't gonna play it cool
Let me tell you, I've tried that already
Everyday and every night
Your words ring through me
Who am I trying to fool?
Honey, I've been living on my own, like Freddie
But I'm still a woman
Baby tell me how

How could I ever love another
How could you say you don't remember
God knows I'd give anything
For just one more night together
Today I miss you more than ever
How could you say you don't remember
This one's for the happiness
I'll be wishing you forever

It's just another Friday night
For you and your accessories
”lights”- and there you are before my eyes
Two hours and for fifteen minutes, you are here
I don't wanna scream lest I should tear
A whisper in the darkness disappear
Sincerely

We should get back on the road
Like Simon and Garfunkel
Let's get married
You are all the shelter that I need above me
Who am I trying to fool
Honey, I got your ringtone on my Blackberry
And I won't give a damn
If only I knew how

How could I ever love another
How could you say you don't remember
God knows I'd give anything
For just one more night together
Today I miss you more than ever
How could you say you don't remember
This one's for the happiness
I'll be wishing you forever

You got me crying like a child
Ain't no need for me to lie
A hundred jpeg files filling up my hard drive
You got me crying like a child
And the crowd is going wild
This one, This is the One
Come on and give it up

How could I ever love another
How could you say you don't remember
God knows I'd give anything
For just one more night together
Today I miss you more than ever
How could you say you don't remember
This one's for the happiness
I'll be wishing you forever



こんな想いはどこへやったらいいのだろう。
わたしはもう、ひとりの大人の女のひとのはずなのに
もうずっと、こどもみたいに泣いている。
わたしは、あなたに、 わたし っていうものを知ってもらいたかっただけ。
あなたに焦がれる、ほかのあまたのだれよりも。
あなたを、
わたしは幾千年も愛するでしょう。
敬具

クールにふるまおうとかは思わない。
だってそんなのもう、やってみたもの。
毎日毎晩、あなたのことばがわたしの胸の壁中に響き渡る。
なにをごまかそうとしていたの?
フレディー、偉大なあの人のように、
わたしだって、自分の足でしっかりわたしを生きてきた。
なのにやっぱりわたしはただの女で
どうしたらいいのかさえわからない。
教えてください

あなたでないとだめです。
覚えていないというのですか?
あと、もうひとつだけの夜でいい。あなたとともに過ごせるのなら
なんだってします、神様。 それは
神様だけが知っているわたしの果てない願い
今日ほど、あなたを恋しい日はありません。
ほんとに忘れちゃったんですか?
これは、しあわせのため。
あなたに、永遠の祈りを捧げます。


それはいつもと変わらぬ金曜の夜。
あなたと、あなたとともにあるすべてのものへ
光を―
そしたらあなたはわたしの目の前にいて、
2時間と15分の間、
ここにいてくれる。
泣いてしまうだろうから、叫ぶこともしない。
暗闇のなかへ、こぼれたささやきが、消えていく
Sincerely (親愛なるひとへ)

わたしたちは、もといた場所に戻るべきよ。
サイモンとガーファンクル、あの運命の二人のように
  <結婚しよう。>
あなたは、わたしの上空に一番必要なシェルター
そのすべて。
なのになにをごまかそうっての?
わたしのスマホを 鳴らす のはあなたしかいません。
でももうそんなのぜんぶどうだっていい。
どうしたらいいのか、
ただ、それだけ、教えてください。
教えて

どうやったらほかのだれかを愛せるんですか?
ほんとに覚えてないのですか?
あと、もうひとつだけの夜でいい。あなたとともに過ごせるのなら
なんだってします、神様。 それは
神様だけが知っているわたしのどうしようもない願い
今日ほど、あなたにふれたい日はないのに
覚えていませんか?
これは、しあわせのため。
あなたに、永遠の祈りを捧げる


あなたはわたしを、こどもみたいに泣かせるの。
もうわたしには、嘘をつく意味なんてない。
100個のJpegファイルがわたしのHDを埋めていく
あなたはわたしを、こどもみたいに泣かせてる。
そしてわたしのなかで、暴れ出してゆく
「これ、これなの。 まちがいない。」
もういいよ。。、降参しちゃいな。


あなたでなければ、だめなのです。
覚えていないっていうのですか?
あと、もうひとつだけの夜でいい。あなたとともに過ごせるのなら
なんだってします、神様。 それは
神様だけが知っているわたしの果てのない願い
今日ほど、あなたが恋しい日はないよ。
ほんとに覚えていませんか?
このひとつは、しあわせのため。
このすべては、ただ、幸せのために。
あなたへ、永遠の祈りを捧げます。


(まりこうた 訳)







にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


やさしい嵐がダンスをしたら。。



。。っびゅはーー

春が来たのを知らずに、冬眠してました。。

いえ、うそです。(ちょっと、ほんとです。)



先週の日曜日のコミュニティーセンターのライヴ、
奇跡的に(笑)、大成功でしたっ!


ほんとうに天才的に追い込まれないとやれない人間なので、
ライヴまで残り10日間でオケを4曲完成させるという、怒涛の日々を乗り越えての当日でした。。(ロールライヴのあと、しばらくフヌケになってましたんですもん。。)


もうね、前日の明け方4時、妥協の嵐の末に作業終了。。
歌うにはまず体が第一なのに、なにをやってるんだぁああ~!(T-T)って、反省の嵐のなか眠りにつき、
朝ぎりぎりに目覚めると

。。ラスト1セットあると思ってた使い捨てコンタクトが、
片目しかない。。

片目で出ちゃう?。。いやむりだろーっ
メガネで出ちゃう?
。。

いいやっ、耳が聞こえりゃあ歌える!!

ということで、
裸眼で挑みました。世界のすべてがぼっやぼや。。(笑)

着る服すら、決めてなかったー!。。(泣)
(裸眼だけど、服は着て出ましたよ。)


なんでもう少し、余裕を持って生きられないのだろう。。
ちびまるこちゃんでももうちょっと計画的に生きてるだろう。。
と、どっぷり反省してる間もなく、

すべり込む本番。



。。めっちゃんこ、楽しかったです!!


ほんとうに幅広い年齢層のお客さんが会場いっぱいにいて、
ちっちゃーい子から、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまで楽しんでもらわなくちゃ、ということで、

懐かしいのやらヤングなの(嵐)やら洋モノやらを4曲と、
それからオリジナルは「君がいた。」をはじめて人前で歌いました!



そんなわけで、
せっかくオケを作ったので、みなさんにも聴いてもらおうっ♪って思って、歌入れをしてみました。
ライヴのときのことを、思い出したりしながら。。


ぜひぜひ聴いてってください!
あ、チャージフリーです。(笑)






春の音がする曲を。。ということで、

まずはこの曲♪





これも「神様」の仕業かなぁ。。てくらいに、

今いちばん歌いたかったことばたちを、運んでくれた曲だったのです。


ほかの曲はできるだけ原曲に忠実にって作ってたんですが、
この曲だけ、もう好き勝手にやっちゃいました。





つづきまして♪


洋モノで。。「ノリ」がいい。。 ダンス。。
もうこの曲しか、思い浮かびませんでした。(笑)





ちいさな畳の部屋に、「きらきらボール」が回ってましたよ。。

"with a beat of rock music, everything is fine"♪





えー、つづきまして。。


ひとりABBAからの、

ひとり嵐です。。


でもね、これ。。
オケがまだ全然不十分なのと、歌い方が若干きもちわるいのとで、
アップするのすごい迷ったのですが、(だから前置きも長くなるわけです。)
こんだけ「嵐」「嵐」とやんややんや言ってしまったので、
もう上げちゃいます。。えいっ





若いお母さんたちが、嵐のコンサート張りに盛り上がってくれてて、すごいうれしかったなぁ。。

この曲は、知っている嵐のナンバーのなかで、一番好きな曲なんですよね。
なんでかって、
カテキョで見てた小学生のさやちゃんって子が、いっつも漢字書きながらこの曲歌っていて。♪

聴いても歌っても、元気が出ます。




肝心なオリジナルは、一番ふがいなかったような。。(T-T)
まりちゃん、もっと歌いやすい曲作ってよっ(練習しなさい。)

♪「君がいた。」は、横のリンクから聴いていただけます。





。。そして最後はですね、

坂本九の「明日があるさ。」を、まりこうたオケに合わせて
そこにいたみんなで大合唱して、終わったのでした!

このときほんとに、なんかすごくしあわせだったんですよね。。

はじめて会ったひとたち(しかも、あらゆる世代の垣根を越えた)みんなと、おなじ希望に向かって歌っている「今」。



うれしいことに、アンコール!が発生したんですけど、
なにも用意していなかったのであわてて、
「来年また出させてくださいっ」と言ってしまいました。。(笑)





うまくやれるかなんかどうでもいい。
ただ目の前のみんなに楽しんでもらいたいって歌いました。


もうね、視界ぼっやぼやなのですけど、
お客さんが、うれしそうに笑ってくれているのや、
体を揺らしてくれているのがわかって、

それでわたしももっとうれしくなって、
もっと音に楽しむことができて。。

その波の連鎖みたいなものを感じたときに、


あぁライヴって、「与える」ものじゃなくて、

「対話」なんだなぁ。。って、痛感しました。


小さな畳の部屋でわたしがもぞもぞと作っている音楽だって、

もしかしたらずっと、「対話」をしたくて、やっていたのかもしれないなぁ。。とか




ここのところ、

いろいろとわからなくなっていたことも、あったのですけど、


このオケを作る時間、ドタバタだったけど

すごく楽しかったんですよね。
すごくすくわれたんですよね。



ふだん聴かない音楽、ABBAのミュージッククリップや、坂本九のライヴ映像なんかをエンドレスリピートしながら、
いろんな時代や次元の「生きた音楽」に心を浸しているうちに、

重なり絡み合っていた雲が
しゅるるーっと、ほどけていくのを感じました。

あとは太陽と、青い空しかなくって



自信なんて、なくてもいいんだなぁと思いました。

「受け容れる」ことが、一番すてきなんだなぁと思いました。

空と太陽があったら、なにかは響く



この前のロールライヴも、今回のライヴも、

あぁやらせてもらって、ほんとうによかったなぁ。。って思います。









そしてライヴを終えた帰り道、
寝不足の疲れと心地よい解放感と、まだふつふつとしているぬくもりのなか
ふぅーっとかばんに手を入れてみると

朝、探しても探しても無かった
もう片方のコンタクトが。。


人生って、こんなものですよね。(笑)






久々の更新と、長い冬眠(やっぱりしてた?)のあとで、
ちょっとしゃべり過ぎちゃいましたが、

聴いてくださった方、
読んでくださった方、

心から、
ありがとうございます。





やさしい嵐がダンスをしたら、

そこには


 明日がありました。 




(。。これを言いたかったがための選曲ではありません。笑) 




にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
ぽちっと応援してもらえたら、うれしいですにゃ♪*


ひとりperfume。[*いちおカヴァー*]


ずっと同じ人を想って見つめ続けていると、
その人のなにがいいのかわるいのか、わからなくなってきますよね?
  
。。ていうのはたとえ話で、 


ここ最近、夏のはじまりくらいから、ずーっと一つの曲にぎゅーうっと集中してやっていたら、
なんだか変な森に迷い込んで出られなくなってしまってたので。。、

ちょっと息抜きに、

ひとりperfumeしてみました!


そうです、あの、のっちと かしゆかと あーちゃんの。

まりこうたと まりこうたと まりこうたですがごめんなさい。


非公開で、そうっとここで公開します。(笑)
息抜きなので息を抜いて聴いてもらえたらうれしいです♪









「これくら~いの感じで。。」なんて聴いていたら、
もうゆるーいまま「たぶんちょうどいいよね。。?」ってマスタリングしとりました。。


原曲聴いてみたい方は、こちら

いや、ほんとにいい曲なのです。
perfumeのアルバムのなかのこの1曲が、やけに好きなのです。


でもまた、オリジナル曲が落ち着いたら、音を足してみようかなぁと思ったり。。♪(思わなかったり。。♪)







にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking
ぽちっと応援してもらえたら、うれしいです♪*



* profile *

まりこうた

Author:まりこうた

曲を作っています。
おもに曲を作って生きてます。

シンガーソングライターです。

それから、詩を書いて
写真をとります。


命あるかぎり、表現することをしたいです。



なつかしいにおいのする音が
好きです。


* 
 *  *
どきどきしながら生きている人、
たくさんお話してみたいな
       * *

* たんぽぽにゃ *


おんなのこにゃ。
しっぽはないのにゃけど、これはひみつにゃ。
* category *
* 最新記事 *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
* mail me *
メッセージはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

* music *
オリジナル曲です。      ふらっと聴いてみてください♪
* Links *
* blog ranking *
ランキングに参加しています。 応援してくださいっ♪

FC2Blog Ranking

* ブロとも申請フォーム *

この人とブロともになる

* 検索フォーム *
現在の閲覧者数: