お届けものでーす!



20160619135326854.jpg




70歳を前にしてはじめて、
「ケータイデンワ」を持ちはじめたお父さんから、
今朝、電話がかかってきた。

「わかるか?♪」 ごきげんな声。
「わかるよ、だって、画面に『お父さん』って出るもん。」
「。。そうか」

そうだね、「わからない」ことのよろこびって、大事だよね。(笑)


今日は、父の日。^^


わたしは先週末、ちょいと早めの「父の日帰省」しました。
お父さんには、ナイショで、
でーっかいプレゼント持って!
これは、直接渡さねばならぬものだったのです。


お母さんとヒミツのレーダーを送り合い、着々と郡上へ舵をとり、
土曜のお昼過ぎ、無事到着。
そーぅ。。っと、車を家の前に停めようとすると。。。
でーっかいトラックが、
停まっているではあーりまセンカ!

ちょっとちょっと。。。この、いっちばん大事な、ミッション遂行の瞬間に、
一体どこのだれですか。。?!と車の中からワナワナうかがっていると、
トラックから、でーーーっかいダンボールが
ふたりがかりで運び出されているのです。
箱には、「マッサージチェアー」の文字。

。。は!!!

その瞬間、
『20年使い古したマッサージチェアーを新しいのにするのよ~』と話していたお母さんの声がフラッシュバック。
『ちょっとフンパツして、いいやつ買っちゃった。♪』


。。なにも、今じゃなくて、いいのに。。。。(T-T)


「お届けものでーす!!」
と、プレゼント抱えて玄関先で、
いきなり立っててお父さんを後ろへふっ飛ばしてやろう!という魂胆だったのに。。。
一足先の「リアルお届けもの」は、あまりにも大きかった。。。。。。(T-T)(T-T)


こうして、ちいさなちいさなまりこ’sカーは、ちいさな「お届けもの」を乗せたまま、
巨大なトラックの横をよろよろと通り過ぎ。。。行くあてもなく、とりあえずコンビニへ。。
そして、気を取り直してもう一度戻ると。。
まだいるし。
もう半分スネつつ、少しはなれたところに車を置いて。。近くの神社でたんぽぽとただ風の音を聞いてすごし。。。きもちいぃ。。。。。♪


結局、郡上に着いてから一時間後、
ようやく、
「お届けものでーっす!」
と、玄関先に描いたとおり、降り立つことができました。

お父さん。。。。どんな顔するかな。。。。。♪
もう、抑えようにも、どきどき、にまにま。。。。。

「はーい!
。。。なんや、。。。。まりこかっ?」
父、
わたしを確認次第、
難しい顔でまたすぐに家のなかへ入っていくじゃああーりまセンカ。

ぽかーんとしたまま中へ入ると、
お父さん、
届いたばかりのマッサージチェアーの組み立てに必死。。
もう、話す余裕すらないといった感じの形相。

お母さんが小さな声で、
「ごめんね。。お父さん今、マッサージチェアーの組み立てがむずかしくて、それが終わるまでは。。。」

なぜに、男の人って、こうなのでしょうか。。。(T-T)笑


いろいろ落ち着いてしばらくしてから、
「ありがと♪」
と、いつものお父さんのにまにま顔いっぱいで。

ほんとうに、「お父さん」って、フシギなイキモノです。。。。。(笑)


マッサージチェアーも無事完成し、
3人で変わるばんこ、お試ししながら、そのモミモミマシン、いや、もはや、モミモミロボット、の威力にうぎゃあうぎゃあとさわぎあい。。。。


ある意味、忘れることのできない、
サプライズ父の日帰省となりました。♪(笑)



そのプレゼントの中身は、
ノンアルコールビール、一ケース。


お父さん、いま、病気の治療中で、ほんとうはお酒なんか飲んでちゃいけないんです。
でも、お酒がだいすきなので、つい、毎日飲んでしまっているのです。
しかも、けっこうな量。
でも「これじゃいけない」って、お父さん自身分かっているけど、そのきっかけがつかめないでいる
そのことが、伝わっていたので、
おせっかい投入の、きっかけ投入。


わたしも、平日は飲まないことに決めました。
お父さんと一緒で、お酒だいすきだから、気持ちはよくわかるのです。
いままで父の日の晩酌はあったけど、
はじめて、ノンアルコールで乾杯の夜。
「意外とうまいなっ」と、おかわりして飲んでいました。



4枚の分厚い手紙も渡しました。(笑)
声に乗って消えるのとはちがう、
書く言葉、というのは、ときどきとても役に立つものです。

あとはお父さん次第だから、あまり干渉したくないけど、
今朝の電話で、それとなく、
「ノンアルコールビール、のんでる?」って聞いたら、
「おん、のんでるよ。」
声が健やかで、うれしかった。

一緒にがんばろうね、お父さん。



 



で、
「庭激変」は、こちら。♪


実はわたし、「本葉」の数の数え方を間違えておったのです。。
図つきで、「これで一対」というのを、「これで一枚」と勘違いしていて、
つまりずっと、本葉2枚分を、「一枚」と数えていたので、
つまりそれは、「本葉4枚が植え付けの頃です」なら本葉8枚まで待っていたのであって。。。
きづいたら、
ほとんどみんな、植え付け期とっくに過ぎているーーー!!!!!

ということで、大慌ての、定植まつり、なのでした。。。


20160619135901132.jpg


一気にだいぶん、「畑」っぽく、なってきました。♪



何事も失敗して学ぶ、とは言いますが、わたしの場合、はじめからしなくてよい失敗が多すぎる気がします。。。
でも、


20160619140033248.jpg


百日草も、つぼみをつけた。


20160619135954325.jpg


ワイルドフラワーも、咲き始めた。


20160619140202814.jpg


オクラちゃんの本葉。
朝顔と一緒で、一枚ずつ、にょきにょき。


20160619140116844.jpg


きのうはびっくりさせられたよ。。。。♪
摘心してもすぐ脇から伸びてくるツル、
もう、支柱をたてて、誘引してあげなくてはね。





20160619135400366.jpg



お父さん、いつも、ありがとう。

元気に育つほど、そう思うよ。





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


ho me ru



「自分がいっちばん、伝えられたときうれしい「ほめ言葉」って、なに?」

きのう、となりのひとに聞いてみた。



「え。。いっちばん?」

ま:「うん、いっちばん。」

と:「え。。それ、むずかしいな。。。すぐ出てこないな。。。
  そっちは?」

ま:「え、いっちばん?
   。。。そんなんすぐ出てこないよ!
      
   。。。。。。いっちばんか分からんけど、指5本に入るくらいなら、いい?」

と:「指3本なら、いいよ。」

ま:「『。。。なんでそんなにおもしろいの?』 とか、いいなぁ (照) 」

と:「ふ~ん。。なんで?」

ま:「『。。。なんでそんなに~~なの?』ってほめ方はさ、「きみは~~だね。」って言われるよりも、「きみ」を知ろうと一生懸命のぞいて、のぞいてがんばってみて、でも、きみ、底がみえないよ~。。。!(叫)って言われてるみたいで、めっちゃうれしい!←底まるみえ。
一生懸命、知ろうとしてくれてるんだぁっていうのも伝わって、うん、うれしい。」
  
と:「うーん。。疑問形は、困っちゃうなぁ。。」

ま:「こういうのは、クエスチョンマークついてるだけで、意味は疑問形じゃないよ。
   じゃあ、そちらは?」

と:「。。。たぶん、自分じゃないかなぁ。。
  『あなたのお母さん、すごいひとね』とか、『あなたのおじいちゃん、とてもいいひとね』って
  自分のまわりのだれかをほめられることが、いちばんうれしいかな。」

ま:「。。その感性、いいね。」

思わず褒めていた。(笑)



ほめられると、
人は体温が上昇して、免疫力が上がるのだそうです。
それは、ひとが心から「笑う」のは、ひとからほめられたときだから。
そんなお話をきのう読んだので、
ふっととなりのひとに、聞いてみたのでした。


ひとをいっぱいほめるように努めます!っていうのも、なんだかちがうような気がするから、
ひとのいいところがやたらと入ってきちゃうような、そういう目を掘っていけるように生きてゆくことを、努めたいなぁ。

褒める は、 目掘る。

。。。オヤジギャグじゃ、ないよ?    





あなたが、いちばん言われてうれしい「ほめことば」って、なんですか?
どんな言葉でほめられるのが、いちばんうれしいですか?


自分に聞いてみるのも、となりのひとに聞いてみるのも、
ちょっとおもしろいです。♪

うん、わたしもまだ、指2本分残ってた。(笑)




20160606202612093.jpg


。。なんできみはそんなに、ひだまりなの?





20160606202748843.jpg


。。うん、
お尻だけ出すの、涼しげでとってもいいよ!





20160606203020021.jpg


庭を独り占めかい?

。。。。い~ね~~~~ぇぇえ!




  ほめてない。。。(笑) 




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


untitled




母さん、
おら、元気だべ。




20160508193733685.jpg







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


ゴールデンな日常を



うたの波形が、
空泳ぐこいのぼり家族に見えてくる


20160501220732125.jpg


ゴールデンな音楽日和。






十分にあたたかくなったので、
4月さいごの日
朝顔と、ひまわりの 種をまいた。
夏といえば、やっぱりこの花たちがなくちゃ。

朝顔の種を見るのって。。。。
小学生以来だなぁ~。。。。。。
その懐かしい形に、すっかり心がきゅーんとすぼんで、
手のひらにのせてしばらくころがし見つめていた。

ひまわりの種も、。。わぁ!と思ったのだけど、
あれ。。?なんか、見覚えあるよな。。って思った。




20160501223433843.jpg


あ、これか。(笑)







20160501221905424.jpg

 窓際は今日も争奪戦。





20160501223802598.jpg

地中から、掘り出されたビー玉。





20160501220849126.jpg



そんなこんなで




20160501221658339.jpg


ゴールデンな陽が暮れてゆく




そして夜がきたころ、
部屋からの明かりと向かいのマンションの外灯を頼りに畑を耕していると
電話がなった。

おうちからだった。
土のついたまんまの手でスマホをとった。


電話に出た瞬間、笑い声のお母さん。
わけもなくよく笑うお母さんなので、とくに理由も聞かなかったけど、
なんかやけにじんわりした。

そういえば、今日うちに、電話をかけようと思ってた。
「ゴールデンウィーク、帰れなくって、ごめんね。
元気にしてる?」って。

お母さんがまだ笑いながら、「ちょっと待ってね」と言ってひとつの空白のあと
お父さんの声。

むりやりお母さんに受話器を渡されたふうにも感じるようなしゃべり出しからの
「なにやっとったんや?」
「うんとね、畑耕しとった。」
わたしが庭を開拓してるのはお父さんにもしゃべっているはずなのだけど、
わたしの「畑」ってのが、そうとうおもしろかったみたいで、
だいぶそこを掘って笑ってた。(笑)

波のように、
笑っては、しずまり、またおっきく笑っては、しずまり。。。
をゆらゆらくり返して、
ここぞと切れ目で、
「ゴールデンウィーク、帰れなくって、ごめんね。」とお父さんに言った。
「子どもも孫もおらんでしーずかでええわー」
3回くり返した。

それから、運転気をつけろよ、
お前はあらっぽいから。
「荒っぽくないもん」
「荒っぽいわ。」

もう一度笑って、またしずまって
「とにかく、気をつけろよ」
やさしくて、強い声。

子どものころに「いってきまーす!」とランドセルごと舞い飛んでゆくわたしにうしろからかける声そのまんまなんにも変わっていないのがふしぎ。
ときも空間もこんなに変わっているはずなのに。


お母さんに、戻った。
また、
「ゴールデンウィーク、帰れなくって、ごめんね」
「いいよいいよ、」と
いつもの開きかけた花のような柔らかい声で言ったあと、

「お休みに入ってから、さびしいんかな。
お父さん、今日ずっと、いろんなところに電話してるんやよ。」
可笑しそうにお母さんはちょっと笑ってたけど

子どものように電話の前をうろつくお父さんの姿が浮かんだと同じ瞬間に
かなしくなって

電話を切ったあと、
やっと閉じただけの窓にもたれて泣いた。
畑に放ったまんまの鍬を片付けなきゃと思いながら、顎がかゆくなるようなしずくがつたって、動けなかった。

もっと早く電話すればよかった。
せめてお休みに入る前に、「今年はこういう理由で帰れないんだ」って。
お兄ちゃんもお姉ちゃんも、今年は帰れないだろうってこと、わかっていたのに。
だれも帰って来ないゴールデンウィークがあたりまえのようになってしまったように
お父さんは感じてしまったんじゃないかと思うと

帰りたかったんだよ。
いつも思ってるんだよ。


。。って、すいません、
いろいろなことがあり、実は先月も帰っているし、今月末も、帰る予定があるのですけどね。(どんだけ)





でもそういうことなんだ、

なまけぐせが出そうなとき

へこたれそうなとき

眠い目をこすりがんばっている、お兄ちゃんを思う、
仕事に家事に子育てに思いやりに奮闘する、お姉ちゃんを思う、
今日もあの町あの家で生きているお母さんを思う、
お父さんを思う、

そうすると、
がんばらなくっちゃ。って思う。


どんなに離れていたって


家族って、そういうものだと思う。







あ。。お兄ちゃんの顎トガリすぎた、と思ったら、わたし(いちばん下)もなかなか最強にしゃくれてる。。(笑)





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


春はうた



そして今年も

Sakura Cafeにも、桜が咲きました。 


20160407115727804.jpg




カフェではたらきはじめて、もう一年が過ぎ。


春 夏 秋 冬
ここに居ると、その季節をもっと、その移り変わりをもっと、大切に感じることができます。

それはたぶん、旬の食材をいちはやく、色々あつめてお皿に乗っけて、お客さんを待っているからかな。
あとは、あぁアイスコーヒーが増えてきたなぁ。。、いやいや、まだホットだな、とか。(笑)
そんなとくべつな温度計もあったりして。^^


なによりも、「食」って、いかに人をしあわせにするか、
心を、体を、気付いてる以上に、よろこばせているか、
その力を日々間近に見ていたら、
すっかり、料理をすることが好きになりました。

料理をしている時間が美味しくなってきたので、できたものも、なんか美味しくなってきたのです。ほんとですよ、ほんと。



20160407123559718.jpg


ふきと、たけのこと、高野豆腐と、にんじん。

おおきなおなべいーっぱいに作って、おすそわけ。 

うちのおばあちゃんにも、食べさせてやりたくなっちゃいました。


ふきの皮をむいているときの、青緑色の苦いにおい。
ツーンとしながらも、
「あぁ~。。これこれ。」
桜色の風がからだを吹き渡ってうれしくて、ほころんじゃう。





塾では、
こどもたちが、あいかわらずです。
新しい学年になって、ぜんぶの教材が、真新しくなって。
春期講習始まった瞬間、
新しく小3になった、小2だった女の子が、絶叫。
「せんせーーーっ!字がちっさーーーいっ!!!
     なんでーっ?????(T O T)」


教科書の文字が直径3みり小さくなっただけで、
もうそこは、果てなく変わってしまったような世界。(笑)

でも、すぐになれちゃうんだよ、だいじょうぶ。
だってその瞳も、日々どんどんおおきくなってくんだから。


新学期の学校の教室からも、その絶叫のこだまが、ここまで聞こえてくるようです。



20160410232522506.jpg








夕ゆきやなぎ3


これは、ゆきやなぎ。

だいすきな春の花。







これは、桃の花。



20160410221514263.jpg


これは、たんぽぽ。



 んにゃ?
20160410233906263.jpg


うん、きみもだね。(笑)





春はみんな、うたう。

これはみんな、春のうた。

いや、
春はうたなんだなぁ。。きっと。



そやからわたしも、種を蒔かなくっちゃ。



20160312193803470.jpg

 んにゃにゃ??



。。。ただいま、庭、改造ちゅう ♪



みんなさんも、よき春を! 




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


* profile *

まりこうた

Author:まりこうた

曲を作っています。
おもに曲を作って生きてます。

シンガーソングライターです。

それから、詩を書いて
写真をとります。


命あるかぎり、表現することをしたいです。



なつかしいにおいのする音が
好きです。


* 
 *  *
どきどきしながら生きている人、
たくさんお話してみたいな
       * *

* たんぽぽにゃ *


おんなのこにゃ。
しっぽはないのにゃけど、これはひみつにゃ。
* category *
* 最新記事 *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
* mail me *
メッセージはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

* music *
オリジナル曲です。      ふらっと聴いてみてください♪
* Links *
* blog ranking *
ランキングに参加しています。 応援してくださいっ♪

FC2Blog Ranking

* ブロとも申請フォーム *

この人とブロともになる

* 検索フォーム *
現在の閲覧者数: