こぶたのポインセチア




20161219100717801.jpg



こぶたのポインセチア。


小学生のころ、やっぱり本が苦手だったけど、この本は大好きで、何度も、何度も、借りて読んで抱っこしていました。

ポインセチア、っていう名前からか、クリスマスになると、ときどきこの本のことを思い出したり出さなかったりしていたけど
最近、どうしても、この手にもう一度ほしくなって
本屋さんを探しました。
小さな本屋さんにも、大きな本屋さんにもなくて、
もう増版されていなかったので、アマゾンで、少し高かったけど、中古で買いました。


今日、届きました。
包みを目にしたら、違う本かと思って、びっくりしました。
だって、あんまりに小さいんですもん!
あわてて手にして、袋をあけて、
表紙をみたら。。。。
「うん、これだ。」
じわっときて、そうわかりました。
わたしの手がどんなに小さかったか、わたしがどんなに大きくなったのか、
途方もないような気持ちになりました。

わたしはわたしを一度も離れたことはないはずなのに、
成長、っていうのは、まるで全然ちがう景色のなかの道路をひとり走っていっているみたいなものなんだなぁと
ポカンと、どことなく寂しい音がしました。

そうっと開けて、
そうっと開けて、読んでみました。

変わったのは、手や体の大きさだけじゃなかった。
瞳の大きさ、ピントの合わせ方だったり、
レンズそのものが、こんなにもちがっているんだなぁ。。。と、
めくるたびに貫き感じました。
おんなじものだ、と分かるのだけど、
まるで違うものに映るんです。
挿し絵の色合いや、動き、空気。
たぶん、そこに聞こえていた音も。


取り戻せないのかなぁ。。。と思ったりしながら、読んでいると
このポインセチアっていう子ぶたは、
なんだかわたしに似ているなぁと思いました。
それも、かなり。
怒ったときのすねかたや、さみしいときの背中の丸めかた。
夢中になったときの、鼻のひくひく上向き加減。(笑)

そんなのに笑ったり、不思議な気持ちになったりしながら読んでいったら
物語の途中、涙がぽろぽろこぼれてきました。
あれ。。。こんな大号泣するような話だったかな。。。


覚えていたのは、もちろん絵本全体のあたたかな空気があるけれど
とくに強く残っていたのは
ある1ページの、挿し絵のなかの
ひとつの景色。
小さな出窓に、すっぽりとおさまる小さな赤いソファ、そこに小さくいっぱいに、光がこもれているなかに
ポインセチアが、ぽとりと本を読んでいるところ。
一人分の、充満した、黄色い光をめいっぱい、一人占めしてうれしそうなポインセチア。


その光を嗅いでいると、どんどん、そのときと同じ空気が、色が、音が
絵本のなかにひろがってゆくようでした。

きっとまったくおんなじに、取り戻すことは出来ないけれど、
きっとわたしの知らないところで、ちがう景色のなかに貫かれた一本の道路みたいに
なにかが繋がりつづけて、いま、
ここにあるんだなぁと分かって
寂しいよりも、うんと、
心強いような、あたたかな気持ちになりました。
ポインセチアはわたしになって、ずっと一緒に生きてきたんだなぁ。。って。







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

みどりの気球




あかいじてんしゃ





くものすひかり



ひろいそら



みどりのききゅう




そらのフック



さかなぐさ


やっぱり鳥や、魚に見えてしまうんだ。



すてきなにわ





ちいさなみ






こっち!


ときどきは、はっきり言いたい。




らんたな


見つけるとうれしくなる、ランタナの花。
七変化っとも言うんです。



みかん

鳥!
と思ったら、。。蜘蛛だった。(笑)





もっととどきたいくも


ああぁ、あのくもに
心はもっとうんと、ズームしてるのに。。。




「わあ、夕暮れ色がきれい!」
そう思って外に出ても、一瞬もたもたしているその間にもう
オレンジの光は遠くにのぼり、
ここはもう薄藍色の水面下。


夕暮れの光を追いかけて、できるだけ西へ、西へとすすむんだけど、
あ。。ちがう、
足りないのは、高度だなって気付く。
届かないはずだぁ。。。(笑)



はな9






きづけば、ここをはじめてから3ヶ月もお休みしたのは、はじめてのことでした。

でも、わたしも、わたしのまわりのひとたちも、とても元気にしています。
変わらずここをときどき訪れてくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございます。^^


どんどん寒くなりますね。
冬が来れば、また冬のなつかしいあたたかさに、もぐり込むことができる
こんなにうれしいことってないと
健康な心と体に感謝がめぐります。



りんぐ



みなさまも、風邪など気をつけて、
北風小僧のうでいっぱいひろげた輪っかを、おくぐりくださいませ。♪




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


秋と冬のあいだ




20161030180026360.jpg






20161030180059619.jpg




今日はお母ちゃんが泊まりにくる。
だから朝から、ひじきを煮て、かぼちゃのポタージュを作って、おやつにと、ただ塩と砂糖でふつふつと、さつまいもを煮た。
あとは夜、お母さんの食べたいものを聞いて作るのだ!


いま、ブランコの下で、お母さんを待っています。
風と、立ち留まるような陽があたたかいです。
見上げると、空に
切り込んで離れない、紐を広げたみたいな枝。
凍らされて丸まったみたいな先っちょ。
。。おんもしろい形だなぁ

あ、ちいさい秋が、あっちにも、こっちにも、
落ちてる。
そうだね、今は、秋と冬のあいだだね。


黄色にうす緑、乾いた葉っぱが音符みたいにぶら下がり、かさかさ、ふぁさふぁさ、揺れている
おーきな木に覆い囲われたこのブランコ。

あんまりに囲われて、包まれているから
仕切られた空はまるで
つま先もひたせないほどに深くて


錆びていて、淡くて、でもふくらむような水色のブランコの鉄の柱は
なんだかプールサイドにいるときの気持ちになってくるよ。


陽を揺らす
風がきもちよかです。

あ。。もうすぐお母さんに会える。♪



竜宮城と緑のえんぴつ




たんぽぽ





ひまわりの咲いた庭 おひる



ひまわりが、咲きました。


庭ドリーム、完成。

そして、
まだまだどこまでも、つづかせてゆく夢の実現中です。




ひまわり くまんばち



そうそう、
ひまわりって、


一枚一枚花びらが離れていると思っていたけど、
ほんとうは、根元でくっついていて、
たった一枚の花びらなんだって

今日、塾の夏期講習で、習いました。
小学生の理科。



今年の夏は、たくさん、勉強がしたい。
本が読みたい。
カリカリカリカリ、(えんぴつで)書いたりしたい。
ぽりぽりぽりぽり、(頭を)掻いたりしたい。
心のおくが、燃えているんですよ、太陽なみに。

だから、夏休みの宿題を泳いでゆく子供たちに負けないように
わたしも、夏の宿題の「計画表」を立てようかと計画して3日目になります。(負けそうではありませんか?)




こんなちっこい体で



おくらちゃん 全体




おくらちゃん 実



オクラちゃん、もう実をつけちゃった。。。


さっき、摘んだから、今日の夜ごはん、食べるね。

どうやって食べようかな。。。 いっぽん。(笑)






ここが海の中なら。。。



たんぽぽ2





ひまわりの咲いた庭 朝



たくさんのお魚がいるのににゃぁ~。。。。♪





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


jardin



夕方の、金色のオレンジの庭が
いちばん、
いちばん好き。


きのう、ふと回して着けたテレビで
ベニシアさんが言っていた。

「庭は、天国にいちばん近い場所だ」って。
ほんとうに、そのとおりだなぁ。。。って、おもった。



心の庭。

それは、心の庭。



その風景を、そこに立つ感触を、

それを容れた心を

忘れていたんじゃないかなぁ。。。って風が吹いた。




20160627082813875.jpg





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


* profile *

まりこうた

Author:まりこうた

曲を作っています。
おもに曲を作って生きてます。

シンガーソングライターです。

それから、詩を書いて
写真をとります。


命あるかぎり、表現することをしたいです。



なつかしいにおいのする音が
好きです。


* 
 *  *
どきどきしながら生きている人、
たくさんお話してみたいな
       * *

* たんぽぽにゃ *


おんなのこにゃ。
しっぽはないのにゃけど、これはひみつにゃ。
* category *
* 最新記事 *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
* mail me *
メッセージはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

* music *
オリジナル曲です。      ふらっと聴いてみてください♪
* Links *
* blog ranking *
ランキングに参加しています。 応援してくださいっ♪

FC2Blog Ranking

* ブロとも申請フォーム *

この人とブロともになる

* 検索フォーム *
現在の閲覧者数: