なっちゃんという子



なっちゃんにはじめて出会ったのは、

4年くらい前、
はじめて飛び込んだような、ネットの大海のなかで。


なっちゃんは、詩や文章を書く人で、
「ことばをする」人。
それから、ヨガの先生。


なっちゃんは、
とっても美人。それで、かわいらしい。
いたずらっぽい目で笑われると、
心臓がぎゅっと、かゆくなる。



なっちゃんとはじめて「会った」とき、
なっちゃんは、目を閉じて、わたしの手をじっと握って、
しばらく時間を止めてから、
ひとこと。

「入ってくるものが、男。」

。。へ?(笑)


それから、こうも言った。

「まりちゃんの歌って、「手」ってことばがよく出てくるから、
もっと手が 開いている 人だと思ってたけど。。
でもすごい、閉じてるんだね。」
なっちゃんによると、
わたしの体のだいたいが、閉じているらしい。

それは、世界や外界とつながる呼吸口みたいな穴のこと。。のようで、


このひとは、
ほとんどの人が目にうつすことのできないものを、
見ることができるんだなぁと思った。




はじめて会うのに、その日はなっちゃんと、1泊旅行をした。
お互いが暮らすところから中間地点の、めいっぱいの自然に囲まれたすてきな宿で。
(それも今考えると、ちょっとふしぎ。。?笑)


そうそう、
なっちゃんのページの「すきなもの」のところに
「羊毛とおはな」と書いてあって、
それがアーティストの名前だと知らなかったわたしは、

このひとは、「羊」と「花」が好きなんだなぁって、ずっとずっとそう思っていて(だって、とってもしっくりきたんです。。)
なっちゃんに会う前、青い空の下で草を食べているかわいい羊のポストカードを見つけてきて、それでそこに、まだ見ぬなっちゃんが喜ぶ顔を思い浮かべながらメッセージを書いて
その夜、
「お花は用意できなかったんだ、ごめんね。。」
って照れながら手渡すと、
なっちゃんはぽかーんとしていた。

覚えている?

それでもいまだになっちゃんのイメージを、
「羊」と「花」がふわふわと包んでいたりする。



ちょうどその日、
わたしには、とっても悲しいことがあった。
その前の晩のこと。
わたしの家のドアのまん前に、雨に濡れて弱った子猫がちいさな箱の中に入れられて、
「この子をお願いします。」と言わんばかりに置かれていた。
箱の中で子猫は、一生懸命鳴き声をあげていた。
すぐその子を中に入れて、ドライヤーで濡れた体を乾かし暖めたり、何か口に入れようとしたりした。
病院に連れていきたかったけど、もう夜中で遅かったし、よく鳴いてるから
とりあえず次の日朝早く起きようと
目覚めると、

もうその子は、冷たく固くなっていた。


眠りに入る瞬間まで聞こえていた、その子の細く高く張り裂けそうに鳴く声が、わたしの耳にこびりついていた。


そんなことを、どうしても思い出してしまって、
わたしはその夜、はじめて会ってまだ間もないなっちゃんの目の前で、
大泣きした。

なっちゃんは、
わたしをそっとぎゅうっと、抱きしめてくれた。
背中をとんとんしてくれた。
あまりにも自然で、あたたかかったのに、
その不思議さに頭が戸惑って、
涙が少し、止まった。



いろんなお話をした。

いろんな話を、する。

わたしとなっちゃんはいろんなところがちがって、おもしろい。

なっちゃんが、振り返りもせずに飛び回る鳥なら、
わたしは、その姿を同じ場所からずっと見送っている鳥だ。

なっちゃんが悲しくないところで、わたしはひとり悲しいし、
わたしが悲しくないときに、もしかしたらなっちゃんは悲しかったかもしれない。




なっちゃんは、

「ことばをする」ひとだ。


わたしは、ことばを信用しきれない。
絵を描く人がその額縁のなかには入れないように、
ことばのなかに生きてしまったら、
その瞬間、
手放しで生きることから、はじき出されてしまうような気がしていたから。
(今なら分かるけれど、それは信用できないのは、「言葉」じゃなくって、言葉を運ぶ「わたし」の手っていうこと。)


そんなことを、あるときなっちゃんに言うと、
なっちゃんは、
わたしは、ことばの力を信じてる。
そう答えた。

なっちゃんは
ことばのなかに生きているわけではなくて、
ことばで生き、
ことばで世界を見つけてゆく
自分のたましいに触れる

まさにその人だった。


わたしがことばの中でくるくるしてしまうのは、
結局「閉じて」いるから。。なのかな、なっちゃん。



なっちゃんは、まるで空中の透明なキャンバスに絵を描くように、
ことばを話す。
しかもそれは、静止画じゃなくて、動いてる。
きっと、びっくりするよ、だれだって。
なつみシアター。



なっちゃんと一緒にいると、
とっても心地よくて、それでいて、居心地が悪い。

癒されながら、怯えてしまう。

癒されながら、途方もない気持ちになる。

永遠にかなわない恋のような、一瞬の程遠さがちくちくっと駆け抜けたりもする。


やわらかな綿のベッドに、トゲが生えているみたいだ。


それをおもうとき、
やっぱりエミリー・ディキンスン(ずいぶん昔の、アメリカの詩人。)のことを思い出してしまう。
理由のない息苦しさに包まれて、彼女を訪ねたひとも長くはそこにいられなかったって、本で読んだことがある。



愛にも似ている、なにか。



そんなふしぎですてきな、なつみさんのことを、
しばらくわたしは、まるでどこか全能の神のように崇めたり、そしておそれたりしていたけれど。。、(笑)
今はちゃんとわかってる。
なっちゃんも、ときどきちゃんとインチキなこと言うし、
ただの、人なんだって。
とっても強くて、とっても弱い

だから今のほうが、なっちゃんを愛しく思えてるんだ。


それでも、
すべてを見透かされているようななっちゃんの前では、
わたしはどうしても、ジタバタしてしまう。
それだけわたしの中身は、やましいことや偽物のオンパレードってことなんだろうなぁ。。(笑)





なっちゃん、

わたしは心が宇宙のへりから落っこちそうになるとき、


あなたのことをふと思い出します。

きっとなっちゃんは知らないけれど。



なっちゃんに出会えて、おともだちになれて、
ほんとうにうれしいんだ。



「まりちゃん、」って
やさしく呼んでくれると、

心臓がぎゅっと、ふくらむ。




あのとき、冷たい大きな海から顔を上げて
コンコン。
ドアをノックして、よかったなぁ。。





だれかに出会うということは、
新しいことばに出会うということ。

新しいことばに出会うということは、
命が呼吸するということ。

命が呼吸するということは、
「生きていく」ということ。


だってほんとうはみんな、みんなに「出会い」たいんだもん。

自分のようなだれかや だれかのような自分に 

ただ、「わからない」って思うと、こわかったり後ずさってしまったりするけど、
ほんとうは、
わかりたいし、わかってもらいたいんだよね。






そんなことを、

こんな「ことば」以上に感じながら、


今日もわたしは、
閉じた部屋の窓をへたくそな手でほんの少し、

開けようとしてみようとしている。(笑)




宇宙をのぞく穴



すこし前、
いろんなものに追い込まれながら、なにかを発散するように文章をちょっとずつ書き足していたら、こんなんなってました。。
その日、その日、書きたいことを書いてたので、ちっともまとまってないんですけど

でもこれは、なっちゃんに書いているようで、自分や、ここに来てくれるひとたちにも書いているようで
なので
もし読んでくださった方いましたら。。ありがとうございましたっ



なっちゃん、ラブレター全世界発信しちゃってごめんね。(笑)





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking


Post a comment

Private comment

No title

こんばんは^^

ちょっとなんか、キュッとなってしまいました^^;
何か思い出せそう、、、な...。
意味が分からないですよねw

変な事書いてすみません^^;
とにかくありがとうなのです^^

こんばんは。

とてもいいお話です、、
とびっきりの宝物ですね^^

No title

まるで吉本ばななの小説のようなお話ですね(^_^)
僕もなっちゃんに会いたくなりました(≧∇≦)

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

No title

ことばがやってくるときは、何も考えなくてもいいから、いい。
ことばをつむぎだすときは、とっても苦しかったりする。
この人にあってみたい。

No title

アッシュさん*

読んでいただき、ありがとうございます。^^
とってもうれしいです。

「何か思い出せそう。。」
そうなんですよね、
なっちゃんっていう人は、そんな気持ちをくれます。

なんか、いつか、どこかで。。 って、
あらゆる時も場所もつながっていた感覚を、ぶわーっと呼び戻してくれるひとなんです。

だから一緒にいると、
途方もなく、愛しくなったり、さみしくなったりするんですよね。

*まりこうた*

No title

DIESELさん*

読んでいただき、ありがとございます。^^

はい。とってもいい出会いだと思っています。
宝物です。大事です。

それにやっぱり「出会い」はそもそも、
宝物です。

*まりこうた*

No title

cowboyさん*

読んでいただき、ありがとうございます^^

でしょ、でしょ?
なっちゃんに、会いたくなりますよね。
文字で伝えているだけで、落としちゃうなんて、やっぱりなっちゃんすごいや。(笑)
わたしも恋に落ちてます、しゅっぽり。。


それからなっちゃんは、よこのリンクの、「なちゅらリズム」という扉の向こうにいます。
ぜひ会いに行ってみてください♪

*まりこうた*

No title

カギコメさん*

そう感じてもらえて、とーっても、うれしいです。


はい。
広げた言葉の世界の向こうには、「みんな」がいます。
待っています。

*まりこうた*

No title

TORUさん*

ことばをつむぎだすときの「苦しみ」。。
自分のたましいと、「ことば」には、どうしても越えられない「距離」があって、それは遠くなったり、ものすごくぴったりくっついたりもするんだけど、でもやっぱり、「離れて」いるように感じて、
そこを渡ろうとするときひとは、「苦しい」って感じるのかな。。
それともその「距離」は、だれかと自分との間にある境界線のことかもしれない。。
いのち に関するぜんぶの疑問や痛みが
そこには集まってくるような気もします。


TORUさんとなつみさんが話すところを、わたしは見てみたいです。
(そしてひっそりと、やきもちをやきます。。 どっちに?!笑)

よこのリンクの「なちゅらリズム」を書いているのが、なっちゃんです。
ぜひ会いに行ってみてください♪

*まりこうた*

すてきなお話

すっごくすてきなお話!
まりこうたさん、エッセイも凄くいいですよ(*^ー゚)b

なっちゃんみたいに、自然に生きているひとって
心の垢を捨てられずに生きている側から見ると
すごく輝いて見えますね。憧れてしまうというか。
それが、「なろう!」と思ってなれるものでは
ないから、余計に愛おしいんだと思います。

ところで「めがね」の詩、読みました~。
良かったです。私自身、変化を感じるこの頃、
とっても胸に響きました。ありがとう。

No title

hikarikoさん*

ありがとうございます^^
なんかぽろぽろ書いていたら、楽しくて、とってもほぐれていました。
文章書くって、すごい「発散」になるのですね。


わかります。
きらきらとして、すーっと透き通っていて、憧れます。
でも、目に見えないものが見えるというのは、まぶゆいきらめきと、果てのない苦しみの両方で、
なっちゃんが輝くのは、そのどちらにも、まっすぐ視線を向けているからだと思うんです。


そうそうっ、
ひかりこさんに、ずっと前、「オ・ポノポノをわたしの友人もやっていて、教えてくれた。」って話したの、覚えてますか?
実はそれがこの、なっちゃんなんでした^^


ひかりこさんの言葉の手触りって、どこかなっちゃんと似ているところがあって、ふしぎなきもちになったりしていました。
だから、ぜひ会いに行ってみてください♪
なっちゃんは、よこのリンクの「なちゅらリズム」という扉の向こうにおいでます。^^


「めがね」の詩、読んでくださったのですね!
あぁわたしも、また読みたくなりました。。

*まりこうた*

分かるなぁ~

歌の様な、詩の様な、、
まりこうたさんの空気感が溢れていて、しみじみと読ませていただきました。

まりこうたさんって、ことばを繋ぎ合わせてゆくのに、丁寧さと慎重さが同居していて、その微妙な揺れが、ご自身の中で良くも悪くも小さく弾けている感触があるんですよね。それもまた大切な世界と思います。もちろん、大きく弾け散った種から芽が出ることもありかなって思います。

「とっても心地よくて、それでいて、居心地が悪い」
思わず、この心境、ピカリ、、、分かるなぁ~でした。
とてもいい人に出逢えたんだと思います。

No title

なっちゃんって不思議な人ですねー!
でも、とっても優しい良い人なんだろうなー!(^^)!

こんばんは。

なっちゃん。。。中3の時に無理ヤリにつきあってもらってた彼女のことを思い出す。。。

いつも気を使って。。。隠れて手紙を交換したり。。。

一度だけふたりで並んで歩いた帰り道。。。
彼女の気まずそうな横顔がいまでも忘れられない。。。

辛い想い出だったけど。。。いまだに甘酸っぱい。。。

No title

ロッシーさん*

こんにちわ、ロッシーさん^^
読んでいただき、しみじみと読んでいただき、ありがとうございます。

ことばは「生きて」いますからね、今波打っているわたしの鼓動と一緒に。
それはわたしそのものの、ひとつの形なので、まちがえないようにつぶさないように大切に、つなげようと気をつけてるんだと思います。

わたしが言葉なら、言葉を変えることで、私も変わってゆくのかなぁ。。きっとそういうのも、ありですね。


そうそう、
ロッシーさんの言葉って、わたし独特ですごく好きなのですよね。
ロッシーさんのブログの文章読んでいても、急にメロディー鳴り出したり、ふわっと香ったり、色がちらついたりして。。
ゆらゆらと心が揺らされて、わたし心地がいいんです。

はい。
とってもいいひとに、出会えているんだと思います。^^

*まりこうた*

No title

onorinbeckさん*

こんにちわ、onorinbeckさん^^
読んでいただき、ありがとうございます!

はい。なっちゃんは、ほんとにやさしいひとです。
なにをしてくれるからやさしい、とかではなく、(そういう意味においてはむしろ、やさしくなかったりもします。笑)
ただ伝わるものが、体温が、やさしくてあたたかいです。

*まりこうた*

No title

美 昇さん*

。。なっちゃん。。
美昇さんの青春時代の、甘く切ない、淡く苦い、そんな大事な1ページをひらりとめくってしまったのですね。。

手を繋ぎたいと思ってつなぐのに、
なぜか「ぎこちなく」なる。
そこにあったものは、本当はとーっても大事なものだったかもしれませんね。


「無理やりに付き合ってもらった」。
美昇さん。。
「どMクラブ」と豪語しておきながら。。やっぱり「男」なのですね。。
(いえ、いつもすてきな紳士だと思ってましたっ笑)

*まりこうた*

No title

言葉は 確かに力があって
...............生きているのかもしれない
どんな出会いでどんな意味があったのかは
私にはわかりませんが 
何か引き寄せああうものがあったのかなと思う

私も根底の手は閉じている方かなあと 自覚しています笑
 "入ってます" 的な.....笑 

でも それでも 不思議な出会い スバラシイ出会いがあったりして

 ”出会いの威力”をどしんと感じます

なっちゃんの存在 このストーリー気になりますねぃ



No title

おじゃまします....

何とも言えない お話に引き込まれてしまいました

魂の寄り添いとも 思える  お二人の 関係に

温かい気持ちに なりました.......(*^。^*) 








No title

REACH_rhさん*

読んでいただき、ありがとうございます。^^

りーちさんのことばも、かなり「動いて」いますよね。
もぞもぞと、うごめく生きものみたいで、
スクリーンを飛び出してこっち側まで「ふれて」くる感じ。。
なっちゃんの詩を読んでいるときの感覚に似ていて、
だからりーちさんも、 開いて いる人かなぁって思ってました。(笑)

"出会いの威力"
そうなんですよね。
動かし、動かされ、
ちゃぷちゃぷと波が交ざり合ったり。。

そしてどんな出会いにも、なんらかの引力がはたらいているんだなぁっていうのを、やっぱり感じます。

*まりこうた*

No title

tomocheeeeさん*

読んでいただき、ありがとうございます^^

そんなふうに言ってくださると、ほんとうにうれしいです。

「魂の寄り添い」。。
寄り添いたいけど、寄り添えない、別の空にある魂のようにも感じます。
この「届かない」感じが、なつみさんを想う愛の橋に大切に架かっているような気がします。


*まりこうた*

No title

まりこうたさん、ごぶさたしてます。
いや~、すばらしい、
このモチーフはなにごとかではありますよ~。

ぜひともかたちにしてください。
手探りのもどかしい感触が伝わってくるような、
未整理なところがいいのですけどね。

このところ、僕は書き言葉で埋め尽くされていたので、
喚起された気分です。
ありがとうございます、
ほんと、触発されました。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

No title

こんばんは!

まりこさんのなっちゃんにたいする想いが伝わってきました

>でもこれは、なっちゃんに書いているようで、自分や、ここに来てく>れるひとたちにも書いているようで

だからでしょうか、飾らない言葉で、すごい伝わってきました

いいなぁ、僕もそんな友達(?)見つけたいです(^^)

No title

青梗菜さん*

ごぶさたしています、青梗菜さん!
読んでいただき、ありがとうございます。^^

うわあ。。そんなふうに言っていただけてとってもうれしいです。
ただこれ以上。。どう「かたち」にするのでしょう。。(笑)

書き言葉、話し言葉、放し言葉。。
ことばを冒険していると、新しい自分にふっとふれたりしますね。
そしてそれを伝えたら、まただれかとの新しい出会いがあるような気がします。

青梗菜さんの言葉の宇宙は、広すぎて迷子になりそうですが、
宝探しもたくさんです。
これからも遊びに行かせてください♪

*まりこうた*

No title

カギコメさん*


こちらこそ。^^


*まりこうた*

No title

たっつんFさん*

こんにちわ、たっつさんさん!
読んでいただいて、ありがとうございます^^

ほんとに、果てしなく個人的なおはなしが、こうやってだれかの気持ちに届いたりすると、すんごくうれしくなりますね。


なっちゃんがちょうどこのまえ、
「わたしとまりちゃんにも、まだふれあってないところがあって。。」っていう話をしてくれたんですよね。
自分でもまだふれてない、自分のある部分。
だれかとまだふれ合っていない、だれかとの部分。。

きっとたっつさんのもう出会っているお友達とも、まだふれ合ってないすてきな部分が、たくさんあるんだと思いますよ。^^

*まりこうた*

まりちゃん

こんばんは まりちゃん

そろそろホトボリ覚めたかなと思って
ラブレターのお返事をこちらでちょびっと。

ああ なんだろうね。
うんうん わたしけっこういろいろ
覚えてないわ(苦笑)
「羊毛とおはな」のことも忘れちゃってるわ。

きっとまりちゃんとは別の記憶のタンクがあるのよ(インチキ)


あんねえ わたしねえ。
まりちゃんがブログでたくさんのお友達と出会っているなあって
思ったころ
「きっとわたしの存在なんぞ その奥にまぎれていくんだ」って
思って さみしく感じていたことがありました。
だけどね 
まりちゃんの前にいると
わたしのすうごい後ろから ブラックホールのような引力を
感じて めまいがすることがあって

それは他の誰からも 起こらない
質のもんだなあと 思った瞬間に
「わたしの代わり 絶対にないね!」

へんてこな自信が湧いていたのです。

そのわたしって詩を精密に呼んでいるわたしだから
日常のくつろぎや安らぎから
どこかバイバイしちゃってるんだろうね

ごめんね くつろいで欲しいって思ってるんだけど
ほんとうは

でも このラブレター 公衆のめんぜんで
どっきどきしながら 読みましたが

「こわいなあ」って 洞窟の前を
うろうろする まりこ子狐が
それでも いっぱい覗いてくれていたこと
そして その耳を澄ましている鼓動が
ほかのみんなにも つながって続いてることを
理解して


すごく うれしかった


うん みんなに もっと「会いたい」ね

わたしが言葉を見つめているとき

いちばんそう思っています。

「会いたい」もっと


また 会おう まりちゃん
また 会いたい まりちゃんに


なつみ拝

















No title

なっちゃんへ

。。あ、きた!
ついに、しちゃいましたね、、公衆のめんぜんで。。
もっとねっとりチュウかと思って、どきどきしてました。。(うん、人前ですから。笑)
お返事、ありがとう、なっちゃん。


ブラックホールって。。
それ、わたしがなつみさんの前で感じてたもの。。のはずなのに、な。
そうか。。やっぱり、
代わり、いないね!


わたしも、こんなつたない言葉からでも、なっちゃんの鼓動や体温が、ついでにわたしの分も、読んでくれたひとたちに流れていってるようで、
すごくね、びっくりしたし、うれしかった。

「伝わる」って、やっぱりすごいね。なっちゃん。

もっとなっちゃんと伝え合いたい、ふれあいたい言葉が、
わたしいーーっぱいあるなって思う。
うん、みんな みんなとも。


次はどこで会えるかな。。

また会おう
何度でも 

会おうね、なっちゃん!


まりこぶた

* profile *

まりこうた

Author:まりこうた

曲を作っています。
おもに曲を作って生きてます。

シンガーソングライターです。

それから、詩を書いて
写真をとります。


命あるかぎり、表現することをしたいです。



なつかしいにおいのする音が
好きです。


* 
 *  *
どきどきしながら生きている人、
たくさんお話してみたいな
       * *

* たんぽぽにゃ *


おんなのこにゃ。
しっぽはないのにゃけど、これはひみつにゃ。
* category *
* 最新記事 *
* 最新コメント *
* 月別アーカイブ *
* mail me *
メッセージはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

* music *
オリジナル曲です。      ふらっと聴いてみてください♪
* Links *
* blog ranking *
ランキングに参加しています。 応援してくださいっ♪

FC2Blog Ranking

* ブロとも申請フォーム *

この人とブロともになる

* 検索フォーム *
現在の閲覧者数: